20人を追いかける

大人になりきれないぽんこつ社会人がどうしようもない彼らを追い続けるだけのブログ

Have a good time? 公演編




5人組のB級……いや、C級アイドルの『東京オードル』はデビューして10年になる。
何度も名前を変えてデビューを繰り返し、年齢も30歳を過ぎて完全に方向性を見失ったメンバー達。
そろそろ潮時だと考えていた頃、彼らと苦楽を共にしてきた事務所の社長兼マネージャー柴田の「みんな喜べ、今回は大丈夫だ。俺を信じろ!」という毎度お決まりのセリフに乗せられメンバー達は“最後の賭け”に出る。 





というわけで忘れないうちにやっちまおうかと思います!!!!!

劇団プレステージ第10回本公演
『Have a good time?』



公演編まとめ。総括。

なんていうかほんとに予想より沢山行けて幸せでした。台詞も要所要所覚えてるので台詞入れながら感想やらつらつらと。

個人的な見解もりだくさんなので嫌な思いする人いると思うけど相変わらずの私クオリティでやります。ただの記録。

初演観てなかったからハグティ観るのは今回が初めてでした。初めて見たの13日だったんだけどとにかくびっくりしたのは音響。
音響のクオリティ高すぎて耳がびっくりしました。コンサートかよ、って思いました。蘇るジャニヲタ時代の記憶


とりあえず最初に配役だけ

光男(今井)→ライト(猪塚)
康治(長尾)→コウ(株元)
秀三(坂田)→シュウ(風間)
信也(大村)→シン(平埜)
三郎(向野)→サム(太田)

マネージャー柴田(高橋)、かほちん(春日)、秀三母(高頭)、その他大勢()


ではいきます私的簡易レポ!!!!!
はやくおわりますように!!!!



岩田小池壮馬園田演じるリバースのファンがわらわら~っと出てきて今までで言う五分前?なのかな。の流れ

うーーんワズエンとほぼ変わらずのキャストでああやっぱりな、感は否めず。玲くんがんばって!!!

何日の公演か忘れたけどどこから来てますか、ってやつで世田谷の人いて玲くんの台詞がすこしでも増えたので幸せでした(単純)

アリーさんのアドリブやっぱすきだなあ。

そして名前を呼ばれてリバース出てきてリバースが挨拶するところからスタート。


『俺たちのソウル、聞いてください!Have a good time!!!!』


グティ流れつつ暗転して東京オードルへ。仮面晩餐会。


歌い終わって挨拶するとこでやる気のない信也くんに対して わらって!!!えがお!!!ってジェスチャーする光男が好きでした

信也くんをよそにすごく一生懸命な康治には毎公演笑わせてもらった


楽屋シーンになってみんなでわちゃわちゃ~の流れ。
ここのシーン結構すきでした。
信也くんが康治に水吹きかけたり半ケツになったり(笑)
半ケツになる演出は最初のころなかったとおもうから途中からかな?信也くんに合わせて終盤でシンくんも半ケツになるので私得すぎる演出でした
三列目から学さんときなりくんのおしりが拝めて冥土の土産になりました。いやあごちそうさまでした


光男が柴田さんに電話しに行ってはけて、バイトの子相手に電話してる信也くんと三郎康治秀三のかけあいがほんとにおもしろくてここのシーンだけのために何回も入りたいな、って思ってた

康治『夢を諦めない、って事だよ!!!!』

信也「夢にしがみつくなって事だよーーーーー!!!!!あ゛っ!!!!」
電話切るときの信也くんがかわいかった


秀三のお母さんが持ってきてくれたわらび餅のことで信也くんが怒る。
『良い歳こいたメンバーの、さらにいい歳こいた母ちゃんに、きゃーーー!きゃーー!って言われて何が嬉しいんだよ!!!(ニュアンス)』
この時の学さんのきゃーー!の言い方がまじで学さんだった(語彙力)

解散するかぁ…ってなるんだけど結局1番反対する信也くん。


信也『俺は!!!バイトの変わり探してただけだしー!!!』
三郎『だから、それが本末転倒だって話だよ』
信也『ちょっと待てよ!!本末転倒ってどーゆーいみー???』

この言い方もまじで学さんすぎて()
いやもうほんとに学さん信也くんすぎて大好きなキャラクターでした。ほんとすき。


わちゃわちゃしてるところに柴田さん登場。そしてついにきた我らが岩田玲くんの出番!!!!!コリアンパブのおんなのこ!!!!!

全公演でわたしは彼しかみていなかった。たとえ女の子役でもかっこよかった。盲目。


ア~ニョハ~~~~って入ってきたときの秀さんのなんともいえない踊りがツボだった(のではやくDVDで見たい)



東京オードルの5人を韓流スターとして逆輸入デビューさせる!!!ってなって
紙切れをバーっと撒くシーンがあるんだけど紙が後ろのほうまでいっちゃったとき章太郎さんが台詞ゆっくりめに言って時間稼ぎしててこのひとすげえな、って単純に思いました。かっこよかった


木村さんの『韓国でもソウルでも!』とか『ビッグバングを越えるアイドルになれ!』とか定番すぎるネタだけどわらった

秀三の的確なツッコミもよかったww


暗転してオードル5人が舞台上に立って韓国に行くシーンのときの台詞がすごく好きでww


信也『韓流アイドルってさあ、韓国に行ったらなれるもんなの??』

光男「アイドルの心得そのよん!!!」

「『細かいことは気にしない!!!』」

三郎『果たしてこれが細かいことだろうかと言う疑問が頭をかすめたが、全力で気づかないふりをした!!!!』
この章太郎さんの台詞ほんとによかったwwww棒読み加減がなんともww


そして!!!!!!整形シーン!!!!!玲くんの!!!!ダンス!!!!!


かっこいいよ、とは聞いてたけどやっぱり玲くんのダンスすきだなあと思った小さい体で踊るのとかかっこよすぎたしセンターだし目元アイメイクそのまんまだけどハンサムすぎるし手術着の裾から白い仮面取り出すとことかいろいろと素敵すぎた。死亡でした。シンメの壮馬くんとフリが合ってなさすぎたのが残念でした。壮馬くんダンスあれだよね()
でもDVD出たら何度も繰り返し見たいシーンナンバーワン。


そしてオードルと入れ替わってリバースの5人が舞台上に出てくる。この時健太くんだけ袖からじゃなくて舞台の階段に乗せられて出て来るんだけどコロン、って転がる健太くんがツボだったwwかわいいww
伝わる人には伝わると思うwwww


整形後。リバースの5人のシーン。


康治『体が軽すぎて、自分じゃないみたいだ!!!!』

三郎『あー!あー!あー!あー!誰かにアテレコされてるみたいだ!!!!』


そして鏡見ながら一言言うんだけど秀三の原宿の裏通りを~の台詞だけは何回きいてもぶっちゃけピンとこなかったwwそして気のせいかしらんけど笑いも他の人よりは起きてなかったと思うww
個人的には三郎さんの『家族が勝手にジャニーズ応募しちゃった系の顔だぁ!!!』がすきでした(笑)


これじゃみよこもとら君も俺だってわかんないじゃないですかあ!!!な光男に
えっっ!お前光男????って反応するメンバー。

今井さんと猪塚ふたりで『うん』っていうんだけどこのときのふたりが30のおじさんともうすぐ30になるおじさんだとは思えない位にかわいいというかなんていうか(笑)


ここでまた玲くんたち出てきて衣装替えお手伝いしつつダンスのシーン。
リバース組は先に裏にまわって出てくる準備しなきゃいけないから早めにはけるんだけど舞台下しゃがんではけてくメンバーがかわいかったwww

信也→シンの変身だけえ???って反応するメンバー

じゃじゃーん!!って出てきても沈黙するメンバー

これってあってる??
前の方が好きだったなあ
整形失敗??

とかいろいろ言われるシンくん

そんでシンくんのダンス始まるんだけど生成くんのダンスやっぱすきだなあって思いました



そして残ったのが太田。


まさか????な反応するメンバー


三郎→サム 入れ替わりシーンで一升瓶持って出てくる章太郎さんわらった
後ろで今井さん(?)が「いっしょーびん!!!」って言うのある日とない日あったけどそんなのも面白かった

ライザップ風の音楽にあわせて章太郎さんから太田に変わるんだけどこのときのポーズ決める太田くんがまじでアイドルだった
そりゃあジャニーズに応募するわ
きらっきらしてた。三列目で見たときびっくりした。わたしの中での元祖キラキラ系アイドルを超えた(誰とは言いませんが)


お前はサムだ!って柴田さんに言われて
『俺、イージートゥーダンスとか踊れないっすけど』
って言う三郎に対してのまわりのメンバーの寒い寒いwwっていう反応いちいち細かすぎてwwww



だんだん人気出てきてMステにも出るリバース。(タ⚫︎リさんが新平さん、アナウンサーがれおなさん)

このときCRAZY歌うんだけどヘッドセットメンバーカラーになっててすごいなあって思った。キラキラしてたけどスワロついてたのかな?

Mステ終わりで楽屋に集まるメンバー

このときのリバースはまだみんな楽しそうで良かったなあ
わちゃわちゃしてるメンバーをすごく優しい目で見つめるライト。この時の健太くんほんとにかっこよくて。

「10年売れないのになんでお前アイドル続けてた??」
って柴田さんにコウが聞かれて
「みんなでやってるのが、楽しかったから!!!!」
って即答するコウがなんかもう
ほんとに東京オードルのメンバーのことが好きなんだなあって思った
話が後半になるにつれてこの言葉思い出すたび切なくなってた


武道館ライブが決まって、人気も出てきて柴田さんだけじゃ手に負えないってことで新しく入ったマネージャーの桃山さん(城築)

城築さん適役

韓国語のアドリブは私がきいた中では

*チャンジャはおやつに入りますか?
*これは、鼻血ではありません、コチュジャンです
*向こうの方から、キムチの香りがします

でした。たのしい


打ち上げだ~ってなって一人残ってみよちゃんに電話するライト
この時の台詞も公演ごとに変わってて
*いい加減この顔にもなれてよ~
*いい加減この髪にもなれてよ、どこで判断してんの(笑)
*ああ、あのアナウンサーね、身長大きかった(笑)

とか色々で舞台の楽しさを再確認してた


場面は変わって回想シーン
デビューから今までのオードル振り返り。


*プレドル
長尾さんの『プ~レ~プレ~、プレド~ル~』が長いこと頭から離れなかった。仕事に支障きたしてた

*プリンスプリンス
「どこからパクったかは、怖くて聞けなかった!!!」
「♪ ダイヤモンドかもぉ~~~!!かもってなんだよ!!」
金爆の女々しくてのフリに合わせた台詞で
「悲しくて 悲しくて 悲しくて 辛かった」


*歌レンジャー
光男「何かが間違ってる!!!そう気づきた時にはもう遅かった!」
康治「ピンクということで女装させられた僕は、戦隊ではなく変態と言われた」

*ゴスペラード
♪「胃腸には~~乳酸菌~~ビフィズス菌~~オリゴ糖~~」
光男「訴えられる寸前だった。」

*キャミソール
今井さんアフロのカツラかぶってたんだけど最初気づかなかったwwww

*ナニワン5
光男「某大手事務所に全く同じコンセプトのアイドルがいた気がしたが、全力で気付かないフリをした!!!」
歌う前にハッ!!とかリーダーッ!!ヘッ!!!とかいろんなガヤがあるんだけど忠実すぎてわろた



そしてまた解散、新しい名前は東京オードルだ!!!ってなって
みんなそれぞれいつのグループがすきだったか話し始める
んであの曲良かったよなあ、グッバイ無関心。
ってなったメンバーがグッバイ無関心歌って現代とリンクして現代ではスマホで懐かしそうにグッバイ無関心を聴くライト。

そこに他のメンバーがきて今更そんな昔の曲きいてんじゃねーよ、とかいろいろ言ってまた険悪ムード。
そして柴田から夏に5大都市ツアー決定を知らされるメンバー

喜びながらも険悪ムードのまま取材へ
んでライトが俺たち、このままでいいのかなあ、って言うんだけど途中光男に切り替わってまた回想シーンへ(8年目のオードル)
光男「このままでいいのかなあ、俺たち」


康治が売れた時のために!って取材受けてるフリして話し始めるんだけど現代のリバースも取材でその時と同じ台詞言ってる、っていうシーン
オードルは本当のこと言ってるけどリバースは形だけ、みたいな。言ってることは同じだし言ってる人も同じはずなのに今はそんなこと思ってない、っていう描写がわかりやすくて切なかった

とりあえずオードル時代にいってた事だけの覚え書き
康治『皆で一緒にいる時が、僕の一番楽しい時間です!』
秀三『(メンバーの事をどう思うか、っていう質問に対して)お互い、高め合える関係?』
信也『大切っちゃあ、大切ですよ。でも、ライバルでもあります。こいつらには負けたくない、って、ステージではいつも気合い入ります』
三郎『仲は、悪くないと思います。でもあまりベタベタするのはすきじゃないです。何も言わなくても、分かり合える関係だと思ってます』
光男『仲間、ってうか、家族みたいなもんですね。/(ライト)苦しい時も、楽しい時も一緒、みたいな。』


インタビューおわって、またオードル回想シーン。かほちんと秀三母でてくる

信也へ手紙渡して、かほちんの手紙に元気もらってる、って言ってもらえて喜ぶかほちん最高に可愛すぎました


で、現代に戻ってライブのリハするリバース。サブに回されてやる気のないシン

気のせいかわかんないけどこの時のきなりくんのダンスほんとに手抜きだった気がするんだよなあ…
殴り合いのケンカ始まって、リハも中止になってついに柴田さんがネット上で話題になってたシン、サムの整形疑惑のことを話しちゃう。そしてお前らは脱退だ、って言い出す

ここら辺の流れ重いし柴田さんのセリフが心の底から憎らしくなるからあんまりすきじゃなかったんだけど(笑)
さすがに秀三のお母さん殺したりとか、とらくん自閉症設定にするとかやりすぎじゃないかなあって思ってた


柴田さんが『才能の無いお前らが、ここまで来れたの誰のお陰だと思ってんだ、もう少しで、俺が目指したテッペンなんだよ、』
って言うんだけど、それに対してライトが

「あんただよ!!!テッペンだよ、ここが。誰もいない、真っ暗だ。」
って返すシーンが悲しすぎた。重すぎ!!!!!


そしてそのままリバースはけて舞台上に一人残される柴田さん
そこに来る秀三のお母さん。
「わたし、ファンなんです、リバースの、シュウさんの。」
全部知ってたお母さん。
そこで懐かしい人に会ったんです、健康ランドのステージみにいってた時によくご一緒した方で、、、っていいながらその人(かほちん)から預かった手紙を渡す。


かほちんからの手紙に驚く柴田さん。ここからかほちん出てきて手紙読み始めるシーン。


f:id:shrdno92:20160305114224j:image
f:id:shrdno92:20160305114527j:image



かっこばく!!!っていうとこで両手足広げてセリフいってておもしろかった


そしてまた回想シーン。

初めてファンレターをもらってバカみたいに喜ぶ信也。
「しーーーばーーーたーーーさーーーーん!!!!!ついに!!俺にも!!ファンレターが来たんですよーー!!返事書いた方がいいですよね???あっ、でも、すぐに書いたら軽く思われちゃいますよね??!!」


お母さんと電話する秀三。最年長ってことを気にする三郎。アイドルってどんなものか悩む康治。アイドルに子持ちの彼女ってどうなんですかねえ?って相談する光男。



「俺が見込んだ不細工アイドルの武器は、顔じゃねえんだよ。もっとすげぇもんなんだよ。」
「俺は、マネージャー兼、社長兼、、、家族だ。これから、すっげえ長くて、すっげえ苦しい時間お前たちと一緒にやって行くんだ。俺は、お前たちのファミリー、、ファミマーだ!!!」



このやり取り感動しすぎて頭痛かった。ずびずび



自分が間違ってたことに気付く柴田


楽屋で本名でみんなの名前呼ぶ柴田さん。



『お前らには、たった一つだけ、他のアイドルには負けない武器がある。(って言いつつわらび餅とファンレター渡す)……他力だ。』


かほちんの手紙読んで、何が大切なのかに気付くメンバー。



ライト『あんただよ、俺たちの、一番すげえ他力は、こんなどうしようもない俺たちを初めて信じてくれた、あんただよ。』

シン『そーーだなーーー、柴田本願だ!!!』

っていって鼻水出す演出まじすげえな、って思ってたけど途中無くなったよねww
わろたwwww


そして、コンサート初日で全てを打ち明けるメンバー。



『今、テレビで噂されている事、全部本当です、僕たちはメンバー全員が、日本人です、メンバー全員が、整形してます、それでいて、メンバー全員が、良い歳です!!!』
『それでも、着いてきてくれるなら、僕たちはなにか、なにかすこしでも返せるように、頑張ります、だからどうか、こんな僕たちを、、、責任持って、愛してください!!!!!』(ニュアンス)


そんでハグティ歌い始める
リバースから始まりオードル合流して劇プレ全員集合の流れが大好きでした。

なんか疲れて後半雑だけど大幅なお話の流れはこんな感じかなあ

挨拶はおーたの時の挨拶がすごく印象のこってる。
言ってることめちゃくちゃだし、無駄に長いし、最後の最後「本日は、お集まりいただきまして!!!」って言っちゃって今井さんに宴会じゃないんだから(笑)って突っ込まれるしww
でもすごいおーたらしかったなあ。いい意味でも悪い意味でも。
相変わらずこの子は声高えなあって思いながらずっとみてた


それと、ちょうど私が観に行った日銀ちゃん来てたんだけど
銀ちゃんがこの中にいたらきっと色々と違ってたんだろうなあとも思ってた



やっぱりメインキャストは予想通りの人たちで。それってきっとしょうがないことだし、多分もうすでに安定のメンバーになりつつあるんだろうけど
正直なところやっぱり他の劇団員のお芝居も観たい、っていつも思うしこのままじゃダメなんだろうな~って。素人意見だけど




そんなこんなでハグティ総括。



冒頭でも言ったけどまさか5回も入れるとは思ってなくて。私生活でもちょっと夏前に色々とありまして。
でも5回も入れて兼ねてからの願望だった泊まりがけでの観劇ができたのもきっと周りのおかげでしかないんだよなあと改めて

そして社会人になったってのも大いに関係してるんだろうなあ(笑)金銭面でも休みの面でも(笑)
でもほんとに今回ハグティ入って思ったのは今の勤務形態ってありがたいなあって(笑)
早番あるし平日でも土日でも休みとれるしその分舞台とか来やすくなる

ただ行動編のブログにも書いたけど早番からの観劇はハードすぎて疲れすぎて眠すぎて話の半分も頭に入って来なかったので検討しないとな、っておもいました

でも楽しかったですまる



花火大会も行けず高校時代の友人ともまともに遊べず去年まであった夏休みがなくなってしまったというギャップにも耐えきれず嫌気がさしていた社会人一年目の夏でしたが(笑)
ここまで楽しめたのはほんとに劇プレ(といまの職場)のお陰だよなあ、、、


そしてね????いいかな???そろそろ言うけどね????


相変わらずのこいけさんの株元率な
いや私そんなに求めてないよ???株ちゃんそんなに求めてないよ???ん???


思えばワズエン公演中、「緊張しすぎるから物販は株ちゃん辺りでww」とふざけて発言してからその日の物販には株ちゃんが立ち、

初めての夜勤明け、ノリで取ったゼツボー荘の当日券、ドキドキしながら劇場へ行ったときのもぎりは株ちゃん。そして言われた「残りの番号の方どうぞーー!」
(番号ちゃんと呼べよ……!!!)

そして翌日、元々取ってあったゼツボー荘のチケットを握りしめ劇場へ向かう。
階段を上がった先に居たのは株ちゃん。
(昨日も居たじゃん……!!)


そしてきました今回。ゼツボー荘から早4ヶ月。株ちゃんの事なんぞすっかり忘れて居たわたし。
わたし的ハグティ初日。新宿に着き休憩がてら喫煙所をうろつく。と横にはピンクの髪のヤツが立っていた。またかい…!!とおもいました。速攻恐ろしくなって逃げました

そしてその日の物販。言うまでも無くかぶもぴーーでした

欲しくもないかぶもぴーー運。89年生まれしか合っていない。わたしが会いたいのは同じ89年生まれでも岩田さんのほうです。
って何度も思いました

たぶん話したらすげえいけめんですげえ良い人なんだろうなあとは思う。舞台終わって速攻黒髪に戻しちゃうようなところ株ちゃんらしくてすき

そんな感じでしたハグティ

あとは

楽屋シーンでみんなそれぞれ脱ぐ場面あるんだけど猪塚さんの汗ばんだ背中まじでわたし的抱かれたい男なんばーわんだった。きっとananでもなんばーわんだとおもう(真顔)
肩幅広すぎだったけどかっこよかった10列目からも7列目からも3列目からも双眼鏡で凝視してしまった()

おーたくんは細すぎひええええってなってた



あとはなにかな、
思い出したらまた書こうかな




正直、Twitterでのリプライとか、手紙とか、プレゼントとか
それが本人たちに届いてるかなんて知る機会めったにないし、真相なんて本人たちしかわからないし
口だけなら嬉しいです、とか使わせてもらいます、とかなんとでも言える、ってずっと思ってて

でも今回のハグティ期間中の一部の劇団員の言動とか行動とか
なにより玲くんの物販での対応とか(自惚れでしかないと思うけど)
そういうのみてこの人たちにはちゃんと届いてるのかもしれない、って本気で思ったし、たとえ届いてなくても必死で応援しよう、って思えた

ああああ玲くん

DVD受付並んでるとき前に並んでた女の子たち玲くんからポスター受け取るだけ受け取って会話もしないで帰る子多くて
あなたの持ち時間わたしにください!!!!!!!!!!!ってずっと思ってた。
玲くんの前からわたしか居なくなった瞬間に玲くんの記憶の中からわたしは消えるんだろうけどわたしの記憶の中の玲くんはずっと消えない
って言いたいとこなんだけどもう消えつつある
ので早く次の本公演決まってください!!!!!!!!!!!

ストラボやろうよ!!!!!!

というわけで素敵な夏をありがとうございました。
グティ5公演入るに当たってご迷惑をおかけしてしまった方が沢山居すぎて!!!!!!
そしてゆっこ!!!!!!!!!たくさん迷惑かけてごめん!!!!!!LINE荒らしてごめん!!!!!また行こう!!!!


そんなこんなでわたしの夏が終わりました
祝女は行くのか行かないのか。



玲くん外部決まらないかな~~~全ステするのに~~~って毎日思ってる


では




























Have a good time? 行動編





というわけで明日で公演は終わりですね長かったような短かったような


公演編のレポはあとで起こすとしてとりあえず行動編。個人的な記録



13日


お友達と。もう結構前のことでよく覚えてないけど相変わらずのぐだぐだっぷりだった。
2週間位まえに一緒にご飯食べたときにソワレだということを知ったこいけさん
普通にマチネだと思って次の日の勤務希望出してなくて案の定次の日早番でゼツボーしてました
まあとってしまったもんはしょうがねえと思いつつでも電車の関係で物販並べないからお願いだから物販玲くんやめてくれ!!!!と思ってたらゆじろ長尾さん城築さんでしたありがたや
電車ぎりぎりすぎてダッシュしまくってしまいには家着いたの日付変わった頃だし普通に早番だから5時起きだしで死亡してました。が頑張れたのは18日があったから!!!!



そして迎えた18日



早番からのソワレ。そして一泊して19日マチソワ。


早番について回る山のような残業。しかし同期が居たのですべてを同期に押し付けるくずっぷり

まあソワレだし~~~なんて余裕ぶっこいてたら電車が遅れて新宿に着いたのが18時58分。
獣のような目でコインロッカーを探し荷物を投げ捨て向かったサザンシアター

汗だくでした

そして席に着いた途端押し寄せてくる疲労感!!!そして睡魔!!!

眠すぎて集中力切れながらもなんとか乗り切ってさあさあ物販!!!!と意気込んだものの出て来たのは株ちゃん坂ちゃん城築さん

半ベソかきながらホテルに向かいました

ちなみにこの時泊まったホテルが国試の時と同じホテルですごく懐かしくて初心に帰りました

焼肉食べたかったんだけどL.Oぎりぎりだったので諦めて吉牛へ
おひとりさまの極みでした



ほんとはホテルで手紙書こうとしてたんだけど疲れ果てて化粧落としてソッコー寝た



19日



物販玲くんでも良いように入念にメイクを済ませ新宿へ
安定のサンマルクで手紙書く作業
普通に時間忘れてて入りの時間と重なってサンマルクから何人か劇団員見かけたけど何人か道かえたよね?www喫煙所コースじゃなくなっててわろたwww

手紙一生懸命書いてよしこれで終わりだってときに便箋の上下が逆だってことに気づいて泣きたくなりました

そして今更だけど今回きなりくんへの手紙を一通も書いてないことに気づきました
あのネタも封印されつつあります、

そんなこんなで手紙ぎりぎりで書き終わってまずはマチネ!
マチネでゼツボー荘ぶりにフォロワーさんに会えて嬉しすぎました
マチネは三列目通路。死亡


そして物販。
言わずもがな玲くんは来ませんでした
誰だったんだっけなーーー
多分いまいさんしょーたろさん高頭さんかな??
ソワレに賭けよう!!!と思い再びサンマルク
もはや常連である


サンマルクで玲くんへの溢れんばかりの想いを書き綴りまたもやぎりぎりでサザンシアターへ

五列目ドセン

はい、そして物販ね
トイレの列にドキドキしつつ並んで出てきたのは学さんれおなさんアリーさん。

わたしはきっと玲くんには一生出会えない運命なんだな、と思いました(真顔)

でもまあここで並ばないと次の日仕事着でTシャツ着れない!!!!と思ったわたしは並んだ。アリーさんでいいやと思いつつ並んだ。念願のアリーさん。奇跡の小池同士の共演
以下会話

私:ありがとうございました!!!(整形シーンの)ダンス(玲くん見るついでに見てたけど)めちゃくちゃかっこよかったです!!!
アリーさん:あ、みんなが???
私:いえ、あの、アリーさんが!!!!
アリーさん:え?俺?みんないる中で俺のダンス見てたの???
私:(玲くんのついでとは勿論言えない引き返せない)はい!!!ずっとアリーさんみてました!!!目元しか見えてなかったけどかっこよかったです!!!握手してください!!!

いやまじでアリーさんのダンスは玲くんの次にかっこよかった
なんか自分でもなにいってるかわからなかったけど短髪のアリーさんが思いのほかかっこ良くて戸惑いました

アリーさんの優しさとやっぱり玲君じゃなかった悲しさとせっかくアリーさんの手にぎにぎしたのに次の日出勤早々排泄介助やらなきゃいけない切なさとで胸がいっぱいになって泣きながら帰りました

どこかできいたことある涙の新宿駅とはこの事だと思いました

そしてやっとの思いで地元の最寄りに着いて車を出そうと駐車場をでようとしたわたしは目を疑った

駐車料金:7300円

頭がまっしろになった

泣く泣く料金を支払い帰宅

タクシーの方が安く済んだかもというわかりやすい結果が目に見えてたけどあまり考えないようにしました

そして迎えた今日。22日。



最後のHaGT?


一般だったので席は後ろの方でした


なんかやけに前半のお客さん後ろ振り返ってるけど今日誰か来てんの???と思いつつ目の前を見たらまさかの伊村wwww不意打ちすぎわろたwwww


直人くん思ってたより顔小さいしでよしたくはやっぱり生でみるとかっこいいなーとハンサムぶりに思いました


ちなみに19日ぎんぢと航生来てたんかな
銀ちゃんのニット帽の色はきっと一生ワスレナイ


後ろだったから通路歩く演出のときとか結構近くでみれて満足でした


始まって10分くらいたったころ押し寄せる尿意
そりゃサンマルクに通いつめたらトイレ近くもなるわ


一時間くらい経った頃はもうトイレのことしか考えてなかったです
お願いだから今井さん挨拶巻いて!!!!壮馬くん巻いて!!!!!わたしの膀胱死ぬよ!!!!って座席後方から念を送ってました
終わりがけの感動シーンでトイレ行きたすぎてそわそわしてしまったのは反省してる


そしてカテコも終わり伊村より先に扉を開けてトイレへ
物販まだ始まってない模様
とりあえず通路にくっつき劇団員待機
妙に冷静だったのは一昨日玲くん物販だったしもうないな、って諦めモードだったからかな

最初に見えたのは猪塚さん。
そしてきなりくん。
次で最後…!!!って思いながら目に入った壮馬くん。
わたしの夏が終わったと思った瞬間でした。おとなしく物販に並ぼう、このメンバーなら混むだろうけど並ぼう、と覚悟した矢先、壮馬くんの後ろに居た玲くんを見つけたわたし
すげえ長文で書いてるけどこの間ほんと数秒ねwwww

頭がまっしろになりました

何も考えられなくなりました

玲くん物販???え???DVDのほう???とドキドキしつつロビーへ。

玲くんはDVDのほうにいました。願いは叶うんだと思いました
もしかしたら前の手紙に22日のマチネお願いだから物販立ってください!!!って書いたのが伝わったのかな、ってありえないことなのはわかるんだけど自惚れました

用紙書く手が震えて住所がまともにかけませんでした

あんなに望んでたことなのに、いざそのときになると頭がまっしろになっちゃってああわたしって乙女だな、って思いました()


まあそんなことはさておき


お姉さんに紙を渡して、控えをもらって玲くんからポスターをもらって
あんなに言いたいこと沢山あったはずなのになにも出てこなくて
感謝の気持ち伝えたかったはずなのに何も出てこなくて
てかもうなにいったのかも覚えてなくて
うっすらと記憶にあるのは
玲くんが物販立つ日をずっと待ってて、今日で観れるの最後だったんですけど最後の最後で玲くんに会えてほんとによかったです
ありがとうございます、握手してください、みたいなこといったのかな
玲くんに会えてほんとによかったです辺りからもう涙堪えきれなくて言ってることもめちゃくちゃでなんかもう今思い出すだけでも涙出て来るんだけど
玲くんちゃんと最後まで聞いてくれて握手してくれてそのあともなんか私喋っててその間も手離すことなく聞いてくれて(まあ離せないわなw)そんでさいごにほんとに大好きです!絶対また来ます!って言ってこれもわたしの勘違いかもしれないけど最後強く握ってくれた気がして
もう自惚れすぎとか思われても構わないけどほんとにほんとに幸せすぎて涙止まらなかった
なんていうか、大袈裟かもしれないけど生きててよかった、って心の底から思った。


そして見たこともない物販の行列へと移動。


冷静に考えて健太くんに話すこともないし生成にも無いし(人見知りと離すのは好きじゃ無い)壮馬くんあたりがいいなーと思ってたら案の定壮馬きゅんでございました

以下会話
私:ありがとうございました!!!
壮:10周年記念ブックとタオルですね
話の噛み合わなさwwww物の確認あるんかいwwww
私:あの!!!私壮馬くんと同い年なんですけど
壮:えっ!!!!ほんとですか??!
私:同い年の壮馬くんが頑張ってると思うと本当に頑張れます、ありがとうございます!!
みないな流れでした老け顔で悪かったなって思いました壮馬くんも玲くんも前見たときより痩せてたけど大丈夫でしょうか心配です



そして今帰りの電車の中です
私の夏が今日、終わりました
最後の最後で玲くんに会えたこと
この夏、もうずっと玲くんに恋してました
幸せでした
仕事も楽しいと思えました
全て、玲くん含め劇プレのお陰で
さあさあ次の本公演も沢山行けるように
いまから必死こいてお金ためねば!!

『ゼツボー荘』より愛を込めて ぶち壊す!!!!!




というわけで
「『ゼツボー荘』より愛を込めて ぶち壊す!!!!!」
簡潔にレポりたいと思います

そして番外公演総括もします。自己満。


なんというか思い返すとほんとに当日券で22日入って良かったっていうただそれだけ。あの日入らなかったら岩田玲氏には会えなかった。きっと向こう10年は言い続けるでしょう

まあ再演だし内容細かくは書かないで良いかな。感想やら出演者についてつらつらと


ゼツボー荘の中で1番アリサが好きなんだけどなんていうのかな、どんな時でもまっすぐでヒロトへの愛情とか生まれてくる子への想いとかほんとにアリサは強い女性なんだなあと感じました。

いやはやほんとによっちゃんのアリサも好きだけど学さんのアリサも見たかったという本音。過去には戻れない。


正直生成くんのヒロトはあんまりピンと来なかったけど生成くんが若いからかな。なんだろう演技はもちろん上手いんだけどヒロトではないな、というのが本音でした。素人の個人的な感想

多分ヒロトみたいなイメージが無いからなのかな。それと身長とかかな()

でもまあ突然の配役変更あったにもかかわらずやれちゃうんだから彼はすごい。
アリーさんのヒロトほんとに見たかった。きっと適役だっただろうなあってずっと思ってる。


壮馬くんのちゃんとした演技見るの初めてですごい楽しみにしてたんだけど同い年なのにほんとすごい。

演技ずば抜けて上手いってわけじゃ無いし所々聞きにくい台詞もあったんだけど一生懸命彼なりに太一を演じてるんだろうなあっていうのが伝わってきたし
Twitterで言ってた
「何をやっても後悔は絶えませんが」
っていう一文ほんとにいいなあと。

この後悔を次につなげて欲しい。上京して初めて参加する公演(それも再演)で主役ってきっとすごいプレッシャーだっただろうなあ


カテコで春日さんに「頑張った、」って頭ポンポンされる壮馬くんが好きでした



これフォロワーさんにもいったけど銀ちゃんのこれからの劇団員生活先行き不安です笑えない現実

銀ちゃんの台詞に集中しすぎてお話頭に入って来なかったヽ(;▽;)ノまがお


彼なりに頑張ってるのは伝わるヽ(;▽;)ノダンス好きなのも知ってるヽ(;▽;)ノけどダンスやる前に滑舌どうにかしてけれヽ(;▽;)ノ


という半分冗談半分本音。


彼だけがゼツボー荘の住民になれないのも無理はない。
ハンサム前後は銀次にめっちゃでれるけど劇プレ公演始まると一瞬にして冷めるなあ


さあさあ銀次貶しは置いといて好きな台詞やらシーンやらつらつら。


洋介が太一に言った
「お前の居場所なんてこの世には無いぞ。生きてる限り逃げ場所なんてどこにも無いからだ。」
って台詞、ありきたりだけどほんとの事だなあと。このときの健太くんほんとかっこよくて素敵過ぎた。


あとアリサの出産シーンも面白いけど台詞がほんとに素敵で好きだった

「私は、私は幸福を産みたいんです、、ゼツボーのどん底から、幸福を産みたいんです!!!!!」って台詞大好き。

もう泣いた泣いた


もうほんとに書き出したらキリがないけど北川さんの脚本素敵すぎる


これはわたしの勝手な主観だけど所々太一くんと星くんがかぶって見えました


似てる


津田さんが太一くんに言った
「いらないならその命下さい」ってセリフ
なんかどっかで聞いたことあるなーと思ってよく考えたら
「どうせ死ぬんだからお前の目エリにあげてくれ、」っていう謙三さんのセリフだった。似てる。

太一くんもゼツボー荘の住民たちと出会って変われたし
星くんもエリさんと謙三さんと出会って変われたから
やっぱり人は人に影響受けるんだなあってしみじみ感じました。当パンで生成くんが言ってたように人は人とが支え合っている。ほんとにその通りでした



と思って当パン読み返してたらほんとに生成くんの文章が個人的に好きだなあと思ったので生成くんのコメント一部抜粋。



「突然ですが、人は変われると思います。相手の為に、ナニができるのでしょうか。しかし自分と闘えるのは自分しかいません。わかっています。それでも相手の為にナニかをしようとしているのはなぜでしょうか。人という文字は、人と人とが支え合っている。『ゼツボー荘』の住民たちがそばにいたら、僕はどんな声をかけるのだろうか。」




人には色々あんだよ。
その人サイズの色々が。



ヒロトの台詞好きでした



そんなこんなで初演を知らないままゼツボー荘みましたがほんとに素敵な舞台でした



チンさんが必死にドアを叩いて他の住民も太一の部屋に集まるまでの流れが結構好きでした。






そして番外公演総括。



ほんとに全く違う舞台だったけど
感じることも全く違うけど
やっぱり劇プレのお芝居好きだなあと心から思いました



玲くんが言っていたように
チェリオメイトは確かに劇プレっぽいかもしれないとも思いました



チェリーあと一回見たかったなあ



初めて千本桜でのお芝居見たけど
劇団の舞台らしくて素敵でした



今井さんはもう戻っちゃいけないって言ってたけど
わたしはそうは思いません。



大きな劇場で舞台をやることに慣れちゃいけない。
小さな劇場で舞台をやる大切さをちゃんと感じて欲しいなって思いました



千本桜があったからシブゲキで舞台やれたし
シブゲキで舞台やれたからこその地方公演、サザンシアターでの公演だと思うので

いつでも千本桜に戻っていいんじゃないかな、シブゲキに戻ってもいいんじゃないかな、
って私は思いました。


劇団プレステージの目標がなんなのかわたしにはわからないけど


ちょっと今の劇プレは好きじゃないかな。っていったら語弊だけど。



それはきっとサザンシアターでの公演を見ないと分からない事なんだろうなあ。



とにもかくにも
人気があるのは良いことです



幸せな時間をありがとうございました



次の現場が6月だと考えると気が滅入りますが(しかも生成くん外部だし)
劇プレの為に仕事がんばります




では


チェリーの木の下で -DT-MAX15'-






書くかどうか迷ったけどせっかくなので書きます「チェリーの木の下で -DT-MAX15'-」簡易れぽ!!!自己満!!!


ネタバレしますご注意を~


まあチェリーに関してはWのGの時ほど事細かくは書かないので個人的に好きなシーンやらつらつらと



例の如く岩田さん目当てで行った訳なんですがほんとにほんとに玲くんかっこよくてね???

「ダッハッ!」のとこは個人的にイラっと来た気もしなくはないけどトータル的にはかっこよかったっす


玲くんああ言う役似合うのは良いんだけどヤンキーが定番にならないで欲しいな~と思うばかりです。玲くんのお芝居好きだから色んな役柄がみたい。


コールの時立ち位置0ズレで目の前すぎて若干恥ずかしくなりながらもコールの時は玲くんだけを見てました
センターはいつでも岩田さんです



玲くんとかとさん言い争うとこで玲くんの身長ネタあってほんと玲くんおいしいよかったよかった



あとはなにかなーもうほんとにずっと玲くんかっこいいしか思わなかったと言ったらなんだか語弊になりそうだけどほんとに私玲くんの演技好きだなあと心から思いました



そしてやっぱり太田はブラパの時もそうだけどとぼけた役というかなんというかしっくりくるんだよなあ、、、

イクティー愛しい。

太田劇プレっぽくなってきてて個人的にはすごく嬉しかった。

なんというかハンサム寄りではないんだよなあ、ちゃんと劇プレのノリになれる辺りすごいと思う


改めて振り返るとほんとにチェリーは劇プレだからこそできるものだと思うし千本桜ホールじゃないとできないものなんじゃないかなあと感じました


千本桜の少ない照明に照らされる出演者がほんとに輝いててひたすら感動。


わたし初演観てないからなんとも言えないんだけどなんていうかなあ
うーんでもやっぱりマチソワある日だとどうしてもソワレで疲れが見えてる感が否めないのでそこはしょうがないとは思うけどもっと期待したいなーと思いました素人意見だけど


こんなこと言ったらアレだけどソワレ株ちゃんとかかとさん結構噛んでたしコールもあれ?って思うとこ少しあったし公演としてはマチネの方が良かったなあ~

最初の株ちゃんの「俺は童貞ってだけでーーー」ってセリフはきっと何種類かあるのかな?

マチネが多分「俺は童貞ってだけで白バイに捕まったことがある」で
ソワレが「俺は童貞ってだけで家賃をあげられたことがある」
だったかなー定かではないけど

その後のハッピーターンの件は変わらずだったのでちょっと残念な気もしなくは無かったかなー。

最後のギルガメッシュのコールの秀さんのヤリたい女はーのやつおのののかには笑わせてもらったwwwwトリンドルより笑ったwwwwリアルだわwwww

ギルガメッシュのコール好きなんだよなあ(笑)


全体的にほんっとに下品でしょうもない舞台なんだけど(もちろんいい意味で)今の私にはぴったりなんだよなあ、、、仕事で疲れた時にたくさん笑ってほっぺ痛くなって嫌なことぜんぶ忘れたし


そんなこんなでチェリーの感想はこんな感じですねやっぱり童貞って良いワァーーーー(しみじみ)


童貞ブランドはまじで推せるから童貞の俳優さんどんどん名乗り出るべき


こんなこと言ってるからビッチとか言われんのかな気を付けよ


まあそんなこんなでチェリーは2回行きまして、たくさん笑いまして、
この記事を書いているわたしが向かっている先はと言いますと、



予想外のゼツボー見に千本桜ホールに向かってるです謎です



というか今日夜勤明けなんです



本来なら明日見に行く予定だったんです



でもね、明日ってソワレもちろん19時なわけで翌日早番でして、

だったら当日券あしたのソワレじゃなくて今日のソワレ取ってしまおうwwとなったわたしは夜勤明けの眠たい目を擦りながらLoppi前にて待機。そして無事当日券確保。


色んな人に一般発売というかそういうなんつーの機械でチケット取るの得意だよねと言われるんですがこれはもうジャニヲタ時代に培ったいろいろなモンがあるんですダテに10年やそこらジャニヲタやってねーよって感じなんですが



そんなわけで今日ゼツボー荘行ってきます、眠いっす



仕事終わってハイテンションで家帰ってシャワー浴びてそのままチケット戦争繰り出してノリノリで帰ってきて鏡見たら顔があまりにも酷すぎて泣きたくなりました

そしてその結果厚塗りくそばばあになりました

クマが消えねえ、、、、





ゼツボーに関してはほんとになんの情報も得ないまま観劇です
太一くんは存在するのか
太一くんを誰が演じるのか
壮馬くんの出番はいかほどなのか


正直ゼツボーはアリーさん見たさにチケット取ったので会いたかったぜアリーさんというのが本音なんですがまあアリーさんが健康でいてくれるなら本望でございます

ちょっとほんとにこれで主役きなりとかだったらいくらきなりくんが演技うまくたってちょっと今回ばかりはさぁというのが本音なんですが主役だれかなたのしみたのしみ

銀ちゃんあんだけダンスやってる暇あるんだから演技も上手くなってるんでしょうねというばばあからの重圧



どうせ死ぬし!!!!!!!




WORLD'S END の GIRLFRIEND




時間があるうちにやってしまおうと思いますWのG私的簡易レポ!!!!自己満ダヨオオオオ!!!!!


今頃前楽終わった頃かなーと思うと今すぐにでもシブゲキ行きたすぎてどうにかなりそうですやばいです


そして大体のあらすじ書こうとしたけど登場人物多すぎだし内容濃すぎるし諦めました!!!!
きっとあらすじは27日の劇プレストラボでやってくれることでしょう!!!




てかほんとに書きたいことありすぎてやる気を無くしてるがんばる




ではいきまーすネタバレ満載なのでお気をつけて~~




学さん演じる放火魔が火をつける所から物語はスタート

この時の学さんほんとに怖くてひええええって感じでした。

その現場を謙三さんの散歩してたエリさんが通りかかって、エリさん目が見えないから勿論学さんの顔なんてみてないんだけど
その時白杖じゃなくて傘しか持ってなかったから学さんが顔見られたと勘違いしてエリさんを追っかけ回すきっかけになる~っていう感じかな


まあ冷静に考えて盲導犬でもないパグの散歩中に白杖も持たず傘だけで散歩してたらそれこそ危ないよ、っていうのが私の考えなんだけどまあそれはそれで。


火事現場通りかかって
「謙三さあ~ん、なんか焦げ臭くない??」
って言うエリさんが可愛かったです
そんなエリさんとは真逆に火を消す謙三さん。さすが。


多分この後に小野寺家のシーンかな?
ゆじろママ登場。そして唯一の銀ちゃんの登場シーン。


キツイ事言うようだけど銀ちゃんがあれだけの出番しかないのもやっぱり無理は無いなーってほんとに思って

そこの部分はこれからの銀ちゃんにすごく期待出来る部分だなーって思いました。ゼツボー荘はぜひメインキャスト勝ち取って欲しい。


まだ入れ替わるとこまで書いてないけどもうくじけそうです。終わんのかなこれ(笑)


で、ご近所のおばさまたちに噂されてうなだれた星くんと
エリさんが襲われて犯人を探す謙三さんが初めて出会ってそのまま2人が事故にあってあの世行きの列車へ乗せられそうになるシーン。


ここで高頭さんと章太郎さん登場。


笑える所とシリアスな所の切り替えがほんと良くてみていて楽しかった


チラシのあらすじにあった
ポンコツ案内人のミスにより、予定よりも早く、そこに連れて来られたらしい
の意味が良くわかんなかったんだけど
死ぬ予定の日よりも早くあの世行きの列車に乗せられそうになるって事だったんだーってスッキリ

浮き彫りになる読解力の無さwwww


まだ死ねないって言う謙三さんと
もう連れてってくださいな星くん。

ほんとに星くんはなにもかもが嫌だったんだなあ~って思いました


あらすじにもあるように
もう一度地上に戻されるんだけど戻ったと思ったら2人の体が入れ替わってたってオチ。

この入れ替わりの演技がほんとに二人とも上手で
きなりくんの中に謙三さんがいて
城築さんの中に星くんがいるって錯覚しちゃうほどでした


入れ替わってからも星くんとしてエリさんに近付きたがる謙三さんだけど体が星くんだから勿論エリさんは最初戸惑ってて。
舞台ではエリさんが星くん(中身は謙三さん)に心を許すまでがほんとに早く描かれてたんだけど
もっと時間があったら2人がちゃんと仲良くなる過程もみたかったなあ。


そしてエリさんが仕事に行ってる間に置き鍵使って家に侵入する学さん。
貧乏ゆすりとか、自分にむかって吠えてる犬に対しての苛立ちとかがすごくリアルだった。
そしてここでは太田くんが登場。



「みてください!!!この滑らかなボディーーーーー!!!!!」



とっても可愛かった(真顔)
早着替えせかせかしててかわいい

テレビショッピングからのアウスペまでの流れがほんとに好きでした(笑)

あと個人的に囲碁の解説が1番つぼでした


で、まあ色々あって(適当w)星くんと帰ってきたエリさん。
白杖探して下さいって言われて家の中に入って謙三さん(中身は星くん)に放火魔が家に来たことを告げられる星くん→放火魔がエリさんを狙ってることを知る


だからさあ!!!やっぱり傘だけで散歩は危ないって言ったじゃん!!!白杖は目が見えないことを周りの人に伝える手段でもあるんだよ!!!

ってずっと思ってました


で、WORLD'S ENDのGIRLFRIEND(ドラマ)観ながら嬉しそうに画面に映ってる海の話をする星くん。

「今、何が映ってるんですか?私、聞くことしかできないから。」
って言うエリさんに
「それなあ、前から教えてやりたかったんだよ、……海だよ!!!」

って話す星くんが本当にきらきらしてました。やっと伝えられてよかった。

この時エリさんの目は角膜移植すればまた見えるようになるってことを知った謙三さんは
星くんにどうせ7日後に死ぬならおまえの角膜をエリにあげてくれ、ってお願いする


でも星くんはそんな義理ないから、って断って。
この星くんの台詞で星くんの人間性というか今までどんな風に物事を考えながら生きて来たのかがわかるなあって

勿論演じてるのは城築さんだから見た目は謙三さんなんだけど
どっからどうみてもあれは星くんでした。声色とか雰囲気とか、星くんだった


でも中々折れない謙三さんに

「謙三さんが生き延びる可能性を放棄するって約束するならこの角膜あげてもいいですよ」

って言うんだけど(まあこの発言からも星くんのひねくれた人間性伝わるけど)
ここで謙三さんがわかった、って即答するのがほんとにすごいなあっておもって

自分の命と変えてでもエリさんに目が見えるようになって欲しいんだなあってなったら泣けました

これ結構最初のシーンだとおもうけど泣いてました



そして謙三さん星くんエリさん3人で海に行くシーン
ここいちばんすき。



エリさんの作ってきたおにぎりを幸せそうに頬張る星くん(中身は謙三さん)と
久々にお米食べられて嬉しそうな謙三さん(中身は星くん)
そして加藤さん(笑)


加藤さんの役触れてないけど結構すきですあの役(笑)


でね、久々にお米たべられて嬉しかった星くん(見た目は謙三さん)が
「(嬉しすぎて)もう死んでもいい」
って言うんだけど、犬の謙三さんからしたら人間がなんでそんなこと言うのかわからなくて
幸せな時、自分は「もっともっと生きたい」って思う、って話してて
この台詞がすごくグサッと来ました。


ほんとにその通りだなあって


星くんは
これ以上の幸せが無いと思うから死んでもいい、って思うんですよ、って話してたけど

やっぱり死んだら二度とその幸せ味わえないんだなーって思ったらやっぱりその考えは間違ってるって思いました


まあそんな私もしょっちゅうもう死んでもいいとか言ってるけど。


目が見えるようになったらお化粧もしたいしおしゃれもしたい、ピアノの先生を目指したい、何よりも謙三さんの顔が見たい、って話すエリさんがほんとに綺麗でした。



「星さん、海、どんな色ですか?」

って聞くエリさん。

少し悩んで
「すきとおった、エメラルドグリーン。」

って言う星くんに対して、
「星さんは、嘘つきだなあ、、、優しい、嘘つきですね。」

ってエリさんが言うんだけど
この時のエリさんが凄く綺麗で、切なくて、でもどこか幸せそうでなんとも言えない気持ちになりました



星さんはどんな顔してるの?って言って
星くんの顔を触る場面があるんだけどここは本当に泣けました。
よくわかんないけどほんとにほんとに泣けた。


「思ってたよりイケメンかも、」
って言うエリさんほんとにかわいい。


そんなエリさんの手を握りながら
「もっともっと、生きたい。」
って言う謙三さん。

見た目は星くんなんだけど
この一言に謙三さんの色んな想いが詰まってるって思ったら涙止まらなかった。


この日をきっかけに人間の男としてエリさんと生きていくって決意する謙三さん。


それを知った星くんが僕の体を乗っ取る気ですか!!とか動物のあなたが人間として生きていけるわけないとか言うんだけど、そんな星くんに対して謙三さんが言った言葉がほんとに忘れられなくて

その体も人生も僕だけのもんだ!!って星くんは言うんだけどそれに対して謙三さんは

「そうだよ、ずっとそうだったんだよ。お前のこの体も、人生も、全部お前だけのもんだ。お前は、手の届く範囲の優しさや幸せに気付かずに、何でも周りのせいにして自分を守ることしかしなかった。」

っていう台詞なんだけどほんとにこの台詞グサッときて、でもこの台詞が好きだなあって思って




3回入ってようやく台詞覚えました☆~(ゝ。∂)



謙三さんだから言える台詞ですね


あと、あの家族もそんな悪くないと思うけど、って謙三さんが言ってて

3回目でようやく私も謙三さんと同じこと思いました。

小野寺家はみんな不器用だったんじゃないのかなあ

塁くんは塁くんでお父さんお母さんに手を焼いてもらってる星くんの事が羨ましくて、
星くんはなんでも出来る塁くんに劣等感があって、
お父さんは星くんの事を心配する気持ちが裏目に出ちゃって

もっとお互いがちゃんと気持ちを伝えられていたらどうにかすることが出来たんじゃないのかなあって思いました。

個人的な見解だけど。


話それちゃったので戻るけど


そんな時にまた放火魔が現れてエリさんを襲おうとして、なんとか放火魔を倒して警察に連れて行こうとするんだけど
スキをついて刺されそうになった星くん(中身は謙三さん)をとっさにかばった謙三さん(中身は星くん)が刺されちゃう。

急いで病院に連れて行くんだけどどうにもならないって言われて、
でね!!!!この時お父さんが謙三さんに向かって

「命がけで息子を守ってくれてありがとう、お前は勇敢だなあ」

って言うんだけど(ニュアンスだけど)
それは謙三さんじゃなくて星くんで星くんの意思で守ったんですよ~って思ったら涙出た


で、結局死ぬ間際に謙三さんが元の体に戻してくれ、って言って二人とも元の体にもどるんだけど
戻ってからは勿論謙三さんが何をしゃべってるか星くんには分からなくて

それがすごく切なかった。


謙三さんが亡くなった後、自分の意思で角膜移植のドナー登録をした星くん。

最期にお父さんとちゃんと話せた星くん。

ここの星くんとお父さんのシーンもすごく印象に残ってて
「俺はお前に期待なんかしたことはない、お前が生まれてきてくれただけで充分だ。」
って星くんに対して言ってて
ああ最後の最後で星くん報われたのかなあって思いました



エリさんに謙三さんは旅に出ました、って伝える所はほんとに切なかった

謙三さん!!って叫びながら転ぶとことかほんとに見てて辛かったし
車にひかれそうになったエリさんを助けて星くんがひかれちゃうところは
もうボロボロでした


泣きすぎか!!!!!って思ったけど


そして星くんの遺影に向かって
お前は自慢の息子だ、って話すお父さん。


結局二人とも死んじゃって、最後の最後音声だけのシーンで

「お前、なに死んでんだよ、」
「大丈夫ですって、僕、約束ちゃんと守りましたから」

っていう星君の声がなんというか、今まですべてを人のせいにしてきた星君とは違う星君だった。
最後の最後に星君変われたんだなあって思った。

声の感じとか本当に素敵だなって毎回思いました。




2人が亡くなった後、角膜移植して目が見えるようになったエリさんは3人で行った海に1人で行って
あの時星くんが言った海の色が嘘だったって知って(まあ最初からエリさんは気付いてたんだろうけど)



『嘘つき、』



って言う最後の台詞が1時間40分あるお芝居のなかで一番切ない。


最後WORLD'S ENDのGIRLFRIEND歌うとこはもう3回とも涙止まりませんでした


星くんと謙三さんに挟まれて歌うエリさんが嬉しそうでもあり悲しそうだった。


この歌ほんとに好きだなあって思うので
今すぐにでも配信してほしいです


この歌詞の中で


たった一言さえも この想い伝えられないなら
誰よりも近く 命が続く この限りに
僕はキミを この手で守り抜く


っていうフレーズがもろ謙三さんすぎてだいすき。


そんなこんなで私的レポ。
そして最後に感想つらつらと


これ色んな人に言ってるしリアルでも書いてるんだけど(そして健太くんへのお手紙にも書いたんだけど)
エリさんはあれで幸せなのかなあ、って思いました。
これはいくら考えても答えでない、
きっと答えはエリさんにしかわからない、


あと、やっぱり2人とも死んじゃうのは悲しいって思ってたんだけど
シェルさんが言ってたように、生まれる日と死ぬ日が変えられないならあの結末は仕方のないことだったのかなあって3回目で思いました。

少なくとも星くんは死ぬ前に謙三さんとエリさんと出会うことが出来て変われたんだからそれってプラマイプラスなんじゃないかな


そして終始エリさんに感情移入し過ぎてて辛かったのではやく立ち直りたいです(真顔)


舞台に関してはこんな感じかなあ、あとで色々思い出したら付け足そう。




今回の舞台はほんとに実力ある人が出されてる感が出ててリアルだった。

余計な出演者は出さないでその時必要な人物だけを出す、やっぱりその方が舞台らしくて良い。


まあ大好きな銀次くんは前回のブラパでも存在感ありませんでしたが

太田くんはブラパで出た分今回の役は丁度良かったのかなー。とか言ったらファンの人に怒られるのかな(笑)


生成くん株ちゃんは外部で鍛えられた感が半端なかった。
株ちゃんあんなに演技うまかったっけ???って思いました


猪塚さんに関しては白杖の使い方、歩き方、目線とか仕草とか。視覚障害のある人のお勉強きっとちゃんとしたんだろうなあ。


城築さんは劇プレ入ってくださってありがとうございますとしか言えない(笑)ほんとにあのひとやばい(笑)


他にもたくさんの人が居るけど書き切らないのでこの辺で。


ほんとに素敵なお話でした。




これ書き始めたのマチネ終わる頃だったのにたぶんもう千秋楽おわってますねおつかれさま自分








物販の事書いても良いかな良いよね

ほんとにね?????物販の株ちゃん率やばすぎだよ???!!!???!!!生成くんと銀ちゃんと玲くんどうした??!??!!って感じでした


いやさ、3回目行けばさ、推しの一人くらい当たるかなあとか思うじゃん?????人生そんなに甘くないね???


物販生成くん銀次がいいなんて贅沢は言わないからどうか玲くんかアリーさんにアワセテクダサイってお願いしてたんだけど私の想いは届きませんでした


番外公演も日程的に行けたとしてゼツボー荘だけなので次いつ玲くんに会えるのかわからないけど玲くんに会うのを励みにわたしは社会人を全うしたいとおもいます(超真顔)


そんなこんなでWORLD'S ENDのGIRLFRIEND楽しかったです


個人的に五分前とドモホルリンクルの件と謙三さん一発芸の件が毎公演楽しみでした。

謙三さん一発芸は15日ソワレが1番面白かった~~~そしてよっちゃんの
「謙三ちゃん、やってみよっか。謙三ちゃん。」
が可愛かった~~あのセリフすき


五分前も毎回ほんとに楽しませてもらったんだけど壮馬くん声通るようになってたし喋りもほんとに面白かった~~~

15日マチネかな?バレンタインのお話してたのがすごく面白かったwwww普通のDKだったwwww


上京して本格的にがんばってほしいですほんとに


あれやこれやと書くと終わりが見えないのでこの辺で。
WのG終わってしまって生きる希望見失いかけてますがなんとか生きていこうと思います

とりあえず必死に働いて番外公演なんとしてでも行ってやろうと思います



ほんとにほんとに素敵な舞台をありがとうございました!!!!!

もっともっと生きたい!!!!







広告を非表示にする