20人を追いかける

大人になりきれないぽんこつ社会人がどうしようもない彼らを追い続けるだけのブログ

WORLD'S END の GIRLFRIEND




時間があるうちにやってしまおうと思いますWのG私的簡易レポ!!!!自己満ダヨオオオオ!!!!!


今頃前楽終わった頃かなーと思うと今すぐにでもシブゲキ行きたすぎてどうにかなりそうですやばいです


そして大体のあらすじ書こうとしたけど登場人物多すぎだし内容濃すぎるし諦めました!!!!
きっとあらすじは27日の劇プレストラボでやってくれることでしょう!!!




てかほんとに書きたいことありすぎてやる気を無くしてるがんばる




ではいきまーすネタバレ満載なのでお気をつけて~~




学さん演じる放火魔が火をつける所から物語はスタート

この時の学さんほんとに怖くてひええええって感じでした。

その現場を謙三さんの散歩してたエリさんが通りかかって、エリさん目が見えないから勿論学さんの顔なんてみてないんだけど
その時白杖じゃなくて傘しか持ってなかったから学さんが顔見られたと勘違いしてエリさんを追っかけ回すきっかけになる~っていう感じかな


まあ冷静に考えて盲導犬でもないパグの散歩中に白杖も持たず傘だけで散歩してたらそれこそ危ないよ、っていうのが私の考えなんだけどまあそれはそれで。


火事現場通りかかって
「謙三さあ~ん、なんか焦げ臭くない??」
って言うエリさんが可愛かったです
そんなエリさんとは真逆に火を消す謙三さん。さすが。


多分この後に小野寺家のシーンかな?
ゆじろママ登場。そして唯一の銀ちゃんの登場シーン。


キツイ事言うようだけど銀ちゃんがあれだけの出番しかないのもやっぱり無理は無いなーってほんとに思って

そこの部分はこれからの銀ちゃんにすごく期待出来る部分だなーって思いました。ゼツボー荘はぜひメインキャスト勝ち取って欲しい。


まだ入れ替わるとこまで書いてないけどもうくじけそうです。終わんのかなこれ(笑)


で、ご近所のおばさまたちに噂されてうなだれた星くんと
エリさんが襲われて犯人を探す謙三さんが初めて出会ってそのまま2人が事故にあってあの世行きの列車へ乗せられそうになるシーン。


ここで高頭さんと章太郎さん登場。


笑える所とシリアスな所の切り替えがほんと良くてみていて楽しかった


チラシのあらすじにあった
ポンコツ案内人のミスにより、予定よりも早く、そこに連れて来られたらしい
の意味が良くわかんなかったんだけど
死ぬ予定の日よりも早くあの世行きの列車に乗せられそうになるって事だったんだーってスッキリ

浮き彫りになる読解力の無さwwww


まだ死ねないって言う謙三さんと
もう連れてってくださいな星くん。

ほんとに星くんはなにもかもが嫌だったんだなあ~って思いました


あらすじにもあるように
もう一度地上に戻されるんだけど戻ったと思ったら2人の体が入れ替わってたってオチ。

この入れ替わりの演技がほんとに二人とも上手で
きなりくんの中に謙三さんがいて
城築さんの中に星くんがいるって錯覚しちゃうほどでした


入れ替わってからも星くんとしてエリさんに近付きたがる謙三さんだけど体が星くんだから勿論エリさんは最初戸惑ってて。
舞台ではエリさんが星くん(中身は謙三さん)に心を許すまでがほんとに早く描かれてたんだけど
もっと時間があったら2人がちゃんと仲良くなる過程もみたかったなあ。


そしてエリさんが仕事に行ってる間に置き鍵使って家に侵入する学さん。
貧乏ゆすりとか、自分にむかって吠えてる犬に対しての苛立ちとかがすごくリアルだった。
そしてここでは太田くんが登場。



「みてください!!!この滑らかなボディーーーーー!!!!!」



とっても可愛かった(真顔)
早着替えせかせかしててかわいい

テレビショッピングからのアウスペまでの流れがほんとに好きでした(笑)

あと個人的に囲碁の解説が1番つぼでした


で、まあ色々あって(適当w)星くんと帰ってきたエリさん。
白杖探して下さいって言われて家の中に入って謙三さん(中身は星くん)に放火魔が家に来たことを告げられる星くん→放火魔がエリさんを狙ってることを知る


だからさあ!!!やっぱり傘だけで散歩は危ないって言ったじゃん!!!白杖は目が見えないことを周りの人に伝える手段でもあるんだよ!!!

ってずっと思ってました


で、WORLD'S ENDのGIRLFRIEND(ドラマ)観ながら嬉しそうに画面に映ってる海の話をする星くん。

「今、何が映ってるんですか?私、聞くことしかできないから。」
って言うエリさんに
「それなあ、前から教えてやりたかったんだよ、……海だよ!!!」

って話す星くんが本当にきらきらしてました。やっと伝えられてよかった。

この時エリさんの目は角膜移植すればまた見えるようになるってことを知った謙三さんは
星くんにどうせ7日後に死ぬならおまえの角膜をエリにあげてくれ、ってお願いする


でも星くんはそんな義理ないから、って断って。
この星くんの台詞で星くんの人間性というか今までどんな風に物事を考えながら生きて来たのかがわかるなあって

勿論演じてるのは城築さんだから見た目は謙三さんなんだけど
どっからどうみてもあれは星くんでした。声色とか雰囲気とか、星くんだった


でも中々折れない謙三さんに

「謙三さんが生き延びる可能性を放棄するって約束するならこの角膜あげてもいいですよ」

って言うんだけど(まあこの発言からも星くんのひねくれた人間性伝わるけど)
ここで謙三さんがわかった、って即答するのがほんとにすごいなあっておもって

自分の命と変えてでもエリさんに目が見えるようになって欲しいんだなあってなったら泣けました

これ結構最初のシーンだとおもうけど泣いてました



そして謙三さん星くんエリさん3人で海に行くシーン
ここいちばんすき。



エリさんの作ってきたおにぎりを幸せそうに頬張る星くん(中身は謙三さん)と
久々にお米食べられて嬉しそうな謙三さん(中身は星くん)
そして加藤さん(笑)


加藤さんの役触れてないけど結構すきですあの役(笑)


でね、久々にお米たべられて嬉しかった星くん(見た目は謙三さん)が
「(嬉しすぎて)もう死んでもいい」
って言うんだけど、犬の謙三さんからしたら人間がなんでそんなこと言うのかわからなくて
幸せな時、自分は「もっともっと生きたい」って思う、って話してて
この台詞がすごくグサッと来ました。


ほんとにその通りだなあって


星くんは
これ以上の幸せが無いと思うから死んでもいい、って思うんですよ、って話してたけど

やっぱり死んだら二度とその幸せ味わえないんだなーって思ったらやっぱりその考えは間違ってるって思いました


まあそんな私もしょっちゅうもう死んでもいいとか言ってるけど。


目が見えるようになったらお化粧もしたいしおしゃれもしたい、ピアノの先生を目指したい、何よりも謙三さんの顔が見たい、って話すエリさんがほんとに綺麗でした。



「星さん、海、どんな色ですか?」

って聞くエリさん。

少し悩んで
「すきとおった、エメラルドグリーン。」

って言う星くんに対して、
「星さんは、嘘つきだなあ、、、優しい、嘘つきですね。」

ってエリさんが言うんだけど
この時のエリさんが凄く綺麗で、切なくて、でもどこか幸せそうでなんとも言えない気持ちになりました



星さんはどんな顔してるの?って言って
星くんの顔を触る場面があるんだけどここは本当に泣けました。
よくわかんないけどほんとにほんとに泣けた。


「思ってたよりイケメンかも、」
って言うエリさんほんとにかわいい。


そんなエリさんの手を握りながら
「もっともっと、生きたい。」
って言う謙三さん。

見た目は星くんなんだけど
この一言に謙三さんの色んな想いが詰まってるって思ったら涙止まらなかった。


この日をきっかけに人間の男としてエリさんと生きていくって決意する謙三さん。


それを知った星くんが僕の体を乗っ取る気ですか!!とか動物のあなたが人間として生きていけるわけないとか言うんだけど、そんな星くんに対して謙三さんが言った言葉がほんとに忘れられなくて

その体も人生も僕だけのもんだ!!って星くんは言うんだけどそれに対して謙三さんは

「そうだよ、ずっとそうだったんだよ。お前のこの体も、人生も、全部お前だけのもんだ。お前は、手の届く範囲の優しさや幸せに気付かずに、何でも周りのせいにして自分を守ることしかしなかった。」

っていう台詞なんだけどほんとにこの台詞グサッときて、でもこの台詞が好きだなあって思って




3回入ってようやく台詞覚えました☆~(ゝ。∂)



謙三さんだから言える台詞ですね


あと、あの家族もそんな悪くないと思うけど、って謙三さんが言ってて

3回目でようやく私も謙三さんと同じこと思いました。

小野寺家はみんな不器用だったんじゃないのかなあ

塁くんは塁くんでお父さんお母さんに手を焼いてもらってる星くんの事が羨ましくて、
星くんはなんでも出来る塁くんに劣等感があって、
お父さんは星くんの事を心配する気持ちが裏目に出ちゃって

もっとお互いがちゃんと気持ちを伝えられていたらどうにかすることが出来たんじゃないのかなあって思いました。

個人的な見解だけど。


話それちゃったので戻るけど


そんな時にまた放火魔が現れてエリさんを襲おうとして、なんとか放火魔を倒して警察に連れて行こうとするんだけど
スキをついて刺されそうになった星くん(中身は謙三さん)をとっさにかばった謙三さん(中身は星くん)が刺されちゃう。

急いで病院に連れて行くんだけどどうにもならないって言われて、
でね!!!!この時お父さんが謙三さんに向かって

「命がけで息子を守ってくれてありがとう、お前は勇敢だなあ」

って言うんだけど(ニュアンスだけど)
それは謙三さんじゃなくて星くんで星くんの意思で守ったんですよ~って思ったら涙出た


で、結局死ぬ間際に謙三さんが元の体に戻してくれ、って言って二人とも元の体にもどるんだけど
戻ってからは勿論謙三さんが何をしゃべってるか星くんには分からなくて

それがすごく切なかった。


謙三さんが亡くなった後、自分の意思で角膜移植のドナー登録をした星くん。

最期にお父さんとちゃんと話せた星くん。

ここの星くんとお父さんのシーンもすごく印象に残ってて
「俺はお前に期待なんかしたことはない、お前が生まれてきてくれただけで充分だ。」
って星くんに対して言ってて
ああ最後の最後で星くん報われたのかなあって思いました



エリさんに謙三さんは旅に出ました、って伝える所はほんとに切なかった

謙三さん!!って叫びながら転ぶとことかほんとに見てて辛かったし
車にひかれそうになったエリさんを助けて星くんがひかれちゃうところは
もうボロボロでした


泣きすぎか!!!!!って思ったけど


そして星くんの遺影に向かって
お前は自慢の息子だ、って話すお父さん。


結局二人とも死んじゃって、最後の最後音声だけのシーンで

「お前、なに死んでんだよ、」
「大丈夫ですって、僕、約束ちゃんと守りましたから」

っていう星君の声がなんというか、今まですべてを人のせいにしてきた星君とは違う星君だった。
最後の最後に星君変われたんだなあって思った。

声の感じとか本当に素敵だなって毎回思いました。




2人が亡くなった後、角膜移植して目が見えるようになったエリさんは3人で行った海に1人で行って
あの時星くんが言った海の色が嘘だったって知って(まあ最初からエリさんは気付いてたんだろうけど)



『嘘つき、』



って言う最後の台詞が1時間40分あるお芝居のなかで一番切ない。


最後WORLD'S ENDのGIRLFRIEND歌うとこはもう3回とも涙止まりませんでした


星くんと謙三さんに挟まれて歌うエリさんが嬉しそうでもあり悲しそうだった。


この歌ほんとに好きだなあって思うので
今すぐにでも配信してほしいです


この歌詞の中で


たった一言さえも この想い伝えられないなら
誰よりも近く 命が続く この限りに
僕はキミを この手で守り抜く


っていうフレーズがもろ謙三さんすぎてだいすき。


そんなこんなで私的レポ。
そして最後に感想つらつらと


これ色んな人に言ってるしリアルでも書いてるんだけど(そして健太くんへのお手紙にも書いたんだけど)
エリさんはあれで幸せなのかなあ、って思いました。
これはいくら考えても答えでない、
きっと答えはエリさんにしかわからない、


あと、やっぱり2人とも死んじゃうのは悲しいって思ってたんだけど
シェルさんが言ってたように、生まれる日と死ぬ日が変えられないならあの結末は仕方のないことだったのかなあって3回目で思いました。

少なくとも星くんは死ぬ前に謙三さんとエリさんと出会うことが出来て変われたんだからそれってプラマイプラスなんじゃないかな


そして終始エリさんに感情移入し過ぎてて辛かったのではやく立ち直りたいです(真顔)


舞台に関してはこんな感じかなあ、あとで色々思い出したら付け足そう。




今回の舞台はほんとに実力ある人が出されてる感が出ててリアルだった。

余計な出演者は出さないでその時必要な人物だけを出す、やっぱりその方が舞台らしくて良い。


まあ大好きな銀次くんは前回のブラパでも存在感ありませんでしたが

太田くんはブラパで出た分今回の役は丁度良かったのかなー。とか言ったらファンの人に怒られるのかな(笑)


生成くん株ちゃんは外部で鍛えられた感が半端なかった。
株ちゃんあんなに演技うまかったっけ???って思いました


猪塚さんに関しては白杖の使い方、歩き方、目線とか仕草とか。視覚障害のある人のお勉強きっとちゃんとしたんだろうなあ。


城築さんは劇プレ入ってくださってありがとうございますとしか言えない(笑)ほんとにあのひとやばい(笑)


他にもたくさんの人が居るけど書き切らないのでこの辺で。


ほんとに素敵なお話でした。




これ書き始めたのマチネ終わる頃だったのにたぶんもう千秋楽おわってますねおつかれさま自分








物販の事書いても良いかな良いよね

ほんとにね?????物販の株ちゃん率やばすぎだよ???!!!???!!!生成くんと銀ちゃんと玲くんどうした??!??!!って感じでした


いやさ、3回目行けばさ、推しの一人くらい当たるかなあとか思うじゃん?????人生そんなに甘くないね???


物販生成くん銀次がいいなんて贅沢は言わないからどうか玲くんかアリーさんにアワセテクダサイってお願いしてたんだけど私の想いは届きませんでした


番外公演も日程的に行けたとしてゼツボー荘だけなので次いつ玲くんに会えるのかわからないけど玲くんに会うのを励みにわたしは社会人を全うしたいとおもいます(超真顔)


そんなこんなでWORLD'S ENDのGIRLFRIEND楽しかったです


個人的に五分前とドモホルリンクルの件と謙三さん一発芸の件が毎公演楽しみでした。

謙三さん一発芸は15日ソワレが1番面白かった~~~そしてよっちゃんの
「謙三ちゃん、やってみよっか。謙三ちゃん。」
が可愛かった~~あのセリフすき


五分前も毎回ほんとに楽しませてもらったんだけど壮馬くん声通るようになってたし喋りもほんとに面白かった~~~

15日マチネかな?バレンタインのお話してたのがすごく面白かったwwww普通のDKだったwwww


上京して本格的にがんばってほしいですほんとに


あれやこれやと書くと終わりが見えないのでこの辺で。
WのG終わってしまって生きる希望見失いかけてますがなんとか生きていこうと思います

とりあえず必死に働いて番外公演なんとしてでも行ってやろうと思います



ほんとにほんとに素敵な舞台をありがとうございました!!!!!

もっともっと生きたい!!!!