読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20人を追いかける

大人になりきれないぽんこつ社会人がどうしようもない彼らを追い続けるだけのブログ

『ゼツボー荘』より愛を込めて ぶち壊す!!!!!




というわけで
「『ゼツボー荘』より愛を込めて ぶち壊す!!!!!」
簡潔にレポりたいと思います

そして番外公演総括もします。自己満。


なんというか思い返すとほんとに当日券で22日入って良かったっていうただそれだけ。あの日入らなかったら岩田玲氏には会えなかった。きっと向こう10年は言い続けるでしょう

まあ再演だし内容細かくは書かないで良いかな。感想やら出演者についてつらつらと


ゼツボー荘の中で1番アリサが好きなんだけどなんていうのかな、どんな時でもまっすぐでヒロトへの愛情とか生まれてくる子への想いとかほんとにアリサは強い女性なんだなあと感じました。

いやはやほんとによっちゃんのアリサも好きだけど学さんのアリサも見たかったという本音。過去には戻れない。


正直生成くんのヒロトはあんまりピンと来なかったけど生成くんが若いからかな。なんだろう演技はもちろん上手いんだけどヒロトではないな、というのが本音でした。素人の個人的な感想

多分ヒロトみたいなイメージが無いからなのかな。それと身長とかかな()

でもまあ突然の配役変更あったにもかかわらずやれちゃうんだから彼はすごい。
アリーさんのヒロトほんとに見たかった。きっと適役だっただろうなあってずっと思ってる。


壮馬くんのちゃんとした演技見るの初めてですごい楽しみにしてたんだけど同い年なのにほんとすごい。

演技ずば抜けて上手いってわけじゃ無いし所々聞きにくい台詞もあったんだけど一生懸命彼なりに太一を演じてるんだろうなあっていうのが伝わってきたし
Twitterで言ってた
「何をやっても後悔は絶えませんが」
っていう一文ほんとにいいなあと。

この後悔を次につなげて欲しい。上京して初めて参加する公演(それも再演)で主役ってきっとすごいプレッシャーだっただろうなあ


カテコで春日さんに「頑張った、」って頭ポンポンされる壮馬くんが好きでした



これフォロワーさんにもいったけど銀ちゃんのこれからの劇団員生活先行き不安です笑えない現実

銀ちゃんの台詞に集中しすぎてお話頭に入って来なかったヽ(;▽;)ノまがお


彼なりに頑張ってるのは伝わるヽ(;▽;)ノダンス好きなのも知ってるヽ(;▽;)ノけどダンスやる前に滑舌どうにかしてけれヽ(;▽;)ノ


という半分冗談半分本音。


彼だけがゼツボー荘の住民になれないのも無理はない。
ハンサム前後は銀次にめっちゃでれるけど劇プレ公演始まると一瞬にして冷めるなあ


さあさあ銀次貶しは置いといて好きな台詞やらシーンやらつらつら。


洋介が太一に言った
「お前の居場所なんてこの世には無いぞ。生きてる限り逃げ場所なんてどこにも無いからだ。」
って台詞、ありきたりだけどほんとの事だなあと。このときの健太くんほんとかっこよくて素敵過ぎた。


あとアリサの出産シーンも面白いけど台詞がほんとに素敵で好きだった

「私は、私は幸福を産みたいんです、、ゼツボーのどん底から、幸福を産みたいんです!!!!!」って台詞大好き。

もう泣いた泣いた


もうほんとに書き出したらキリがないけど北川さんの脚本素敵すぎる


これはわたしの勝手な主観だけど所々太一くんと星くんがかぶって見えました


似てる


津田さんが太一くんに言った
「いらないならその命下さい」ってセリフ
なんかどっかで聞いたことあるなーと思ってよく考えたら
「どうせ死ぬんだからお前の目エリにあげてくれ、」っていう謙三さんのセリフだった。似てる。

太一くんもゼツボー荘の住民たちと出会って変われたし
星くんもエリさんと謙三さんと出会って変われたから
やっぱり人は人に影響受けるんだなあってしみじみ感じました。当パンで生成くんが言ってたように人は人とが支え合っている。ほんとにその通りでした



と思って当パン読み返してたらほんとに生成くんの文章が個人的に好きだなあと思ったので生成くんのコメント一部抜粋。



「突然ですが、人は変われると思います。相手の為に、ナニができるのでしょうか。しかし自分と闘えるのは自分しかいません。わかっています。それでも相手の為にナニかをしようとしているのはなぜでしょうか。人という文字は、人と人とが支え合っている。『ゼツボー荘』の住民たちがそばにいたら、僕はどんな声をかけるのだろうか。」




人には色々あんだよ。
その人サイズの色々が。



ヒロトの台詞好きでした



そんなこんなで初演を知らないままゼツボー荘みましたがほんとに素敵な舞台でした



チンさんが必死にドアを叩いて他の住民も太一の部屋に集まるまでの流れが結構好きでした。






そして番外公演総括。



ほんとに全く違う舞台だったけど
感じることも全く違うけど
やっぱり劇プレのお芝居好きだなあと心から思いました



玲くんが言っていたように
チェリオメイトは確かに劇プレっぽいかもしれないとも思いました



チェリーあと一回見たかったなあ



初めて千本桜でのお芝居見たけど
劇団の舞台らしくて素敵でした



今井さんはもう戻っちゃいけないって言ってたけど
わたしはそうは思いません。



大きな劇場で舞台をやることに慣れちゃいけない。
小さな劇場で舞台をやる大切さをちゃんと感じて欲しいなって思いました



千本桜があったからシブゲキで舞台やれたし
シブゲキで舞台やれたからこその地方公演、サザンシアターでの公演だと思うので

いつでも千本桜に戻っていいんじゃないかな、シブゲキに戻ってもいいんじゃないかな、
って私は思いました。


劇団プレステージの目標がなんなのかわたしにはわからないけど


ちょっと今の劇プレは好きじゃないかな。っていったら語弊だけど。



それはきっとサザンシアターでの公演を見ないと分からない事なんだろうなあ。



とにもかくにも
人気があるのは良いことです



幸せな時間をありがとうございました



次の現場が6月だと考えると気が滅入りますが(しかも生成くん外部だし)
劇プレの為に仕事がんばります




では