読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20人を追いかける

大人になりきれないぽんこつ社会人がどうしようもない彼らを追い続けるだけのブログ

SENDEN虫の祭典〜こんな時が来るなんて〜



SENDEN虫の祭典〜こんな時が来るなんて〜
@TFTホール


後回し後回ししてるうちに気づけば1週間以上経っちゃったけどとりあえず記録って名目であげとく。せんでんむしイベントね
内容つらつら書いても意味ないと思うからおおまかな感想だけ




実はこの日元々とある舞台を観る予定でいてどうせなら夜暇だし行ってみるか〜という軽いノリで入りました。軽いノリというかもはや冷やかし状態。

ゴージャス自体にもそんな入れ込んでなくて一回しか見てなくてそんな舞台のキャストであるSENDEN虫の2人が???イベント???限られすぎた時間のなかでできんの???って思ってました

夜公演前にTwitterで感想やら探すと想像の何倍も面白い、って書いてる人が多かったからじわじわと沸いてくる期待。



正直始まって数分で昼入らなかった事後悔した。えーーーーやばい、って思ってた

第一にゆじろさんの脚本と演出がもうゴージャス愛に溢れてて。
使ってる曲とか大もとになる話(虫達の宿命、運命とかもろもろ)は本編なぞってそのまま描かれてるんだけどいい感じにアレンジ?というかなんだろう脚色されてて丸パクリにみえるようで見えないのがすごい

脚色しすぎちゃうとスピンオフ感が消されるし脚色しないとしないでオリジナル感出すぎちゃうと思うんだけどその境界線がほどよくてすげえな、って思ってた

台詞の言葉選び丁寧だな〜って。語彙力さすが


期待してなかった分の感動と余韻すごすぎてらぶばぐず抜け切れず。
って言ってたのも3日間くらいで今は完全抜けきってます。やっぱわたしの脳みそ単純〜〜


いろいろ書きたいんだけど舞台自体が素敵すぎて文字にすると薄っぺらくなる気がして文面思いつかない。そのくらい素敵でした。



まあ強いて言えばほかに会場無かったかな(笑)定価以下で前列のほうも取引されてたし後列まじ悲惨だったと思うwww

まあそんな感じでしたせんでんむし。雑すぎるね。日にちたちすぎて感動どっかいってしまた


あともうそろそろ会場で顔見知りのひと増えてきたんだけどまじで若い子ってどこからお金きてんの?笑 バイト?
いかにも学生な子達(毎回同じ子)をどの現場でも見かけるからばばあも金銭管理しっかりしなきゃな、って思いました。貯めないとね



あとでつらつら思い出したらまたつけたそう〜〜まあ無いとおもうけど