生涯オタク

3次元のオタクが色々あって2次元の住民になりました

KUROFUNEの結成イベントに行って来た話。

 

 

 

というわけでどういう訳か行って来てしまいました。クロフネイベ。

 

あいも変わらず仕事終わりに若干の速度違反かましつつ駅に向かうっていういつぞやのリサウンドぶりの忙しさ

 

 

そして体調もすこぶる悪く。

ここ最近の職場がいつもの百倍近く菌の温床すぎて(?)昨日今日はゲロ処理しかしてなかった記憶しか無くて自分自身の体調もクソほど悪くてまじで行く気無くしてたんだけどあまりにも仕事辞めたすぎてこのままだと煙草と酒の量が増えるだけだし戸谷に癒されるしか残された道がなくて結局行って来てしまいました

 

 

まあ大体の事はツイッターに流れてるから個人的なまとめとしてあげとく。

 

 

うーん、書きたい事は山ほどあるんだけどなによりこういう現場(伝われ)が数年ぶりすぎてババアはちょっと馴染めなさすぎたんですが

きっと多分本人達は喜んでるだろうし(株ちゃんはあれとして)なによりも2人がとても楽しそうで安心したってのが一番だよ〜〜

 

わたしが今まで応援していたとたにさんもかぶちゃんもそこにはいるのに、やっぱり今回はKUROFUNE色がとんでもなくて

でも時々垣間見える色々な仕草とか言動とかがやっぱり今までの2人そのまんまで嬉しくなってた

 

戸谷のお水飲む仕草とか見れてご馳走様ってかんじだからまじであの映像を頭の中で繰り返しながらご飯たべられる(???)

 

 

7話見ながら裏話やらいろいろ話してたんだけどこれもツイッターで検索かければ大体でてくるからわたし的に印象に残ったことあれこれ

 

 子役時代に圭吾が聞いてしまった「彼は色も付いてるし」って言葉、結局詳しく聞けないまま終わっちゃったけど

「俺も実際言われたことあります」って言った戸谷さん。顔は笑ってたけど長い長い俳優人生の中での戸谷公人が垣間見えてウッってなった。

 

2人がキャスティングされた経緯のお話から始まり芸能界に入ったきっかけなんかも。

考えて見れば株ちゃんのお口から詳しく芸能界入りのお話を聞くのはわたし自身初めてですごく新鮮だった(詳しくは覚えてないけど)

自分で履歴書送って、健さんの電王イベが熊本であった時に面接(?)して資料持ち帰ったら母親にめっちゃ怒られた〜とかなんとか

大学入学と同時に上京。

わたし自身株ちゃんの一番古い記憶っていつぞやのゆーすとで布にくるまってもぞもぞし始めて入団します!!!ってやつ(記憶曖昧)なんだけど本当に最初の頃は苦手な人種だったから興味も無かったんだよなあ

考えて見れば株ちゃんの事まともに好きになれた(というか大丈夫になった)のってここ最近すぎて自分でも笑った

 

そして戸谷さんの話題へ

王子様オーディションの話でもするのかなあと思ってたけど思いのほかあんまり話さなくて、母親が応募した、ってお話

習い事も沢山やってて、どれを極めるか迷っていた時に選択肢を増やしてもらった

俳優は極めても終わりがないからやってみようと思った(ニュアンス)。ほんとここら辺は曖昧。多分俳優って色々な事をやるからゴールがない、みたいなそんな事を言ってた気がする

 

そしてお父様のお話。

これは最後にも書くけど、まさか戸谷さんの口から直接お父様の話題が出るとは夢にも思っていなくて、その話題から避けてるんだろうなとは少なからず感じていたし。

 

自分の父親も声優という仕事をしていて、それもあって声優のお仕事とは距離を置いていた。

でも今回お話を頂いて、もしかしたら親父からのパスかもしれない、受け継げたら、と思ってやろうと決心した。

いざ仕事を始めてみたら父親と仕事をしていた人がドリフェスにも関わっていて、当時の親父を知っている人と仕事をしているという事がすごく不思議で〜〜、って。

悲しい顔とかは本当にしてなくて、すごくすごく清々しくお話していて、最後は笑顔なんかも見せてて、すごく印象的だった。

株ちゃんと、運命だね、とも言ってた気がするかな。

 

戸谷さんて家族の話をあまりしない印象だったからすごく新鮮でした。きみとくんが『親父がー』ってお父様の事を話しているのがすごく良かった(語彙力)

 

戸谷さんが実は僕の父親も声優をしていて、って言った時に多分会場に居た人の3分の1くらいは驚いた反応をしていたから知らない人も居たのかな?

戸谷さんの方からきちんとファンの皆さんに伝えられて良かったなーと。

 

 

 

 

その後はMVのお話つらつらと。

 

MVは群馬で撮影した。振りを入れる時間が2日しかなくて大変だった〜〜!!!って二人とも言ってたけど言う程振りないしおまえらほんとにwwwwって思ってた

 

撮影の前々日に株ちゃんに前乗りしようと思うんだけど、ってLINEした戸谷さん。(もちろん断る株ちゃん)

結局戸谷さんだけ前乗りして、群馬で偶然中学だかの同級生と再会して撮影後はその同級生と会ってたから結局行きも帰りも全くもって別行動だったKUROFUNE。

 

MVの撮影は朝早くて株ちゃんのテンションの上がり下がりがやばかったって話。(ハイ→ロー→ハイ→ロー→ハイ→ハイ→ハイ )

 

ほんと株ちゃんそのうち絶対やらかすからちゃんと寝て〜〜って思った。劇プレの現場とは違うんだよ!!!!

朝弱いのは嫌という程わかるんだけど寝ずに仕事するのもプロとしてあかんよ〜〜!!!!!!

 

 

ほかにも沢山話していたけどとりあえずおおまかなまとめ。

 

 

そう言えば株ちゃん紹介で劇プレのお話が出た時のコレジャナイ感がとんでもなくていたたまれなくなったのでそんなんだったらもう劇プレの話題は出すな!!!!!って思いましたまる

出し方も悪かったよね。いかにも劇プレのお話しますよ!!!って感じだった

 

 

あとアプリの映像見る時に「ここじゃちょっと見づらい、、、」って言ってサッと立って株ちゃんの方に寄ってスクリーンみる戸谷(;_;)(;_;)かわいいかよ(;_;)(;_;)

 

なんかもうほんとに戸谷さん終始足組んでたんだけどまじで戸谷の足組み絵になりすぎて眼福だった🙏🙏🙏

いくらでも金払うからデッサンさせて〜〜〜〜!!!

あと戸谷と並んだ時の株ちゃんいくらか身長高く見えたから詐欺働いてるのかもしれなくてそこらへんもとても笑わせてもらいました

 

イベント序盤、ファンの子達の反応に思い切り顔に出てしまっている株元英彰が株元英彰すぎてアレだったし

戸谷さんは戸谷さんで素で面白がっている感があって(とても純粋に受け止めてる反応をしていた)そこらへんもKUROFUNEらしかったです

 

 

 

最初にも言ったように今回のイベントは端から行く気は無くて、そもそも戸谷公人のドリフェス介入については受け入れられずで、

戸谷のドリフェス介入とか絶対オーディションなんかじゃねえだろ〜〜💢って思っていたんですが(まあ実際ほんとにオーディションではなかった)

少し前に友達と戸谷さんのいままでの活動のあれこれとかを振り返っていた時に

わたしは俳優だけをしている戸谷さんを好きになったってわけじゃないんだよな〜〜歌ったり踊ったりしている戸谷も好きなんだよな〜〜って思って

だからやっぱりどんな戸谷さんもとりあえず目に収めて置かなきゃ〜〜〜〜って思った次第でした。

そして迎えたイベント当日。

やっぱりあの雰囲気はわたしには合わないなと思ったし(これだけは確実に言える)。

戸谷さんの俳優としての活動を見てきてしまっている以上受け入れられないことも多いんだけど

だからこそやっぱり戸谷さんの口からお父様のことを聞けたのは大きかったかな。

 

 

戸谷さんが声優のお仕事をする、って知った時に一番に頭に浮かんだのがお父様のことで。

まさかあのきみとくんが父親と同じ道を歩む決意をするとは思わなくて、ずーっと何でだろうって思ってて。

だからと言ってお父様の事って公表されてるわけでもないしきみとくん自身も触れるわけでは無かったから頭のどこかでずっと引っかかってはいたんだけどようやく聞けてすっきりした。

本当にたくさん悩んでたくさん考えての決断なんだろうな〜と思ったら涙が止まらなくて帰り道はずっと泣いてた。お前誰だよ、って話だけど

 

みぞたくの発言に対する戸谷さんの返し方とかも本当に戸谷さんらしくてさあ(;_;)気にすんなよ!とか軽く受け流す事だって出来るのに優しい言葉をかけるあたりほんと公人くんすきすぎてだいすきだよ!!!!!!!

 

 

戸谷さんが風間圭吾を演じている色々な巡り合わせに私たちファンは感謝しなきゃな〜と。

 

もちろんまだ全てを受け入れられた訳ではないんだけどやっぱりもう戸谷さんの覚悟を聞いてしまった以上応援するしかないなーと思ったのでこれからもゲーム云々はともかく戸谷に会いに金に糸目もつけずイベントに繰り出すだろうな〜〜〜って思いましたまる

 

アア〜〜〜〜!!!!ほんと戸谷見れたから明日からのクソみたいな仕事も頑張ろうと思えるよ〜〜〜!!!!!

『国家試験に受かったらまた報告させてください( ;  ; )来年からは社会人で不安だけど来年もハンサムを糧に生きていきます( ;  ; )』なんてお手紙をいつかの冬に書いてから何年も経ってしまったという現実が辛すぎてあかん

 

 

 

 

 

 

とりあえず住む世界の違う人同士が同じところに集められたらイザコザしか生まれないってのはわかったのでこの歳にしていい社会勉強になりましたありがとうございました